【Mac】OnyXのOS X Mavericks対応版がついにリリース!無料を継続!でも実行には注意が必要。



OnyX

はじめに

Mac OS X Mavericksになってから、唯一の不満点が、OnyXが実行できないことでした。

Mac OS X は安定したOSですが、やはり定期的にメンテナンスしないと何かと不安なもの。

先日書かせていただいたように準備中だったOnyXのMavericks版がついにリリースされました!
パチパチパチパチ。

【Mac】クリーンアップや環境設定を行える『OnyX』はMAVERICKSの対応を準備中!

さっそくダウンロードして使ってみました。
でも、なんと開発元が不明なため実行できません、と出てそのままでは使えないという不具合??が。。。
回避策も一緒に書いておきます。

ダウンロード先


Titanium's Software • Index page




ダウンロードはいつもどおり

ダウンロードはいつもどおり、ダウンロード先からダウンロード可能です。
無料のままです。

ダウンロード先


Titanium's Software • Index page

OnyX001


Mavericksを選びます。

OnyX002


そのまま開こうとすると、警告が出て開けません。

OnyX003


とりあえず、アプリケーションフォルダにコピーします。

OnyX004


アプリケーションフォルダのOnyXを選択して、開くをクリックします。

OnyX005


開いてもよろしいですか?と聞かれるので、開きます。

OnyX006


無事開くことができます。

OnyX007


メンテナンスなどを実行しようとすると、アクセシビリティ機能への許可が表示されます。
システム環境設定を開くを選択します。

OnyX008


鍵マークをクリックして、パスワードを入力、OnyXにアクセシビリティへの許可を与えます。

OnyX009


これで、次回から通常どおり、OnyXが使えます。

最後に

インターフェイスは特にMountainから変わっていないように思います。

何故か実行したら、起動ディスクの修復が必要です、と出てびっくり。

ちょっとこわいので、今度良く調べてから本当に修復が必要なら修復しないとな、と思います。

以上です。

0 件のコメント:

このページをブックマーク