【番外】都営バスに無料Wi-Fi。でも、どうやって実現しているの?


photo credit: express000 via photopin cc

都営バスに無料Wi-Fiが搭載されたらしいです。

サービス概要

どなたでも無料で、1回180分まで、1日何回でもご利用いただけます。
スマートフォン、タブレット端末、パソコン、Wi-Fi対応携帯電話等でご利用いただけます。
利用登録画面では日本語のほか、英語、中国語、韓国語が選択可能です。
合わせて、株式会社NTTドコモの「docomo Wi-Fi」もご提供しております。サービスの概要はこちらをご覧ください。(株式会社NTTドコモのホームページにリンクします。)
(via バス車内でのWi-Fiサービス利用 | 東京都交通局)

へぇ、便利そうと思ったのですが、移動している車にWi-Fiスポットを置くってどんな仕組みで実現しているの?
と素朴に疑問に思ってしまいました。

Wi-Fiの先はLTE

当たり前と言えば当たり前なのですが、Wi-Fiと聞くと勝手に、LTEよりも高速に通信出来ると思ってしまいました。

バスのWi-Fiに繋いだ場合、バスに取り付けている機器がLTEで通信しているようです。

なので、実質の通信速度の限界はLTE。

 車内アクセスポイントの先のネットワーク(バックホール回線)はNTTドコモのLTE(Xi)網だ。だから、どんなに電波状態が良くてもLTE以上の通信速度は出ない。



 都バスには青梅市周辺の山間部を走る路線があるが、LTE未整備地域を走行するときはWi-Fiは使えない。また都市部でも、イベントなどで人が密集していてLTE網自体が混雑している場所を通る際には通信速度は落ちる。
(via 東京都バス無料Wi-Fiを早速使ってみた: サイバーファームウェア<<リサーチャー半田貞治郎)

LTE契約している人にとっては、通信速度に関して言えば全然メリットないです。

でも、動画などを見る場合、大量に見過ぎて通信制限にかかる回避策にはなるかもしれません。

LTE契約していない海外の人などに向けたサービスなんだとか。

また、iPadなどで通信契約していない場合などには便利かも。

最後に

先日、自動販売機のWi-Fi普及しないなぁ、と書いたばかりですが、バスや飛行機、電車など人が腰を落ち着ける場所ではどんどんWi-Fiサービスが出てきていますね。

【まとめ】時事ネタは時間がたってからのほうが面白い。2011年12月まとめ。
そのうち電車の中もなるのかな?

どこでもWi-Fiになって、途切れないでいてくれると、本当に通信の契約いらなくなるんだけどなぁ。
ないか。

以上です。


0 件のコメント:

このページをブックマーク