【iPhone】仕事だけじゃない!タスクの時間を管理できる『Task Player』を使って通勤電車で簡単に腹筋を鍛える。


タスクの時間を管理してくれる『Task Player』を使って通勤電車で簡単に腹筋を鍛えてみます。

Task Player - Task Management

価格:¥200(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:仕事効率化, ユーティリティ

評価:無し(0件の評価)

App Store




Task Playerとは?

Task Playerとは、タスクと実行時間を設定すると、時間をカウントしてくれるアプリです。

IMG_7871.png
使い方は以外を参照ください。

【iPhone】タスクの時間管理ができる『Task Player - Task Management』

通勤電車で腹筋を鍛える

歳をとればとるだけ何も食べてないつもりでもどんどん太る。本当に忌々しい。
せめて夏にむけて腹筋だけでも!とは思うものの、家に帰れば帰ったで子供と遊ばなくちゃ、などなかなか自分の時間はとれない。

そんなわけで、手軽に通勤電車で出来る腹筋をやってしまいましょう。

腹筋を鍛えよう

一番簡単で、他の人から見ても、筋トレをしているのが全く分かりません。足を肩幅ぐらいに開き、思いっきりお腹を引っ込めます。そして、そのまま1分我慢。これを休みを入れて、5セット。とても簡単ですが、1ヶ月もすると、スカートにゆとりが。これなら、満員電車でもできますよね。
(via 電車通勤中にできる筋トレ | nanapi [ナナピ])

記事によれば、電車で立っているときに腹に力を1分間入れるだけとのこと。
これはいい。
誰にも気づかれずに頑張れる。
iPhoneでブログも書ける。


Task Playerに登録

さっそくこれをTask Playerに登録してみます。

Task Playerのアルバムに筋トレなどとして登録します。

IMG_7872.png
腹筋を1分、休憩を1分として、5セット分登録します。

IMG_7874.png

これで、スタートボタンを押せば、1分腹筋、1分休憩が通知されます。
アプリを裏にしておいても通知センターを使えばきちんと通知してくれるので大丈夫です。

最後に

本当にどうやったら痩せるのだろう?と不思議になる今日このごろ。
毎日の積み重ねですかね。

以上です。

0 件のコメント:

このページをブックマーク