ラベル ニュース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ニュース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示


photo credit: Theen ... via photopin cc

Quartzによれば、サムソンはスマートフォンビジネスの逃げ道を探し準備しているらしい。

The new Samsung plant could be configured to make either memory chips or processors, depending on market demand when the factory comes on line in 2017. By that time the global smartphone market will be even bigger than it is today—even if the current market leader’s logo is mostly on the inside.
(via Samsung is preparing an escape route from its smartphone business—and into everyone else’s – Quartz)


記事によれば、サムソンはスマートフォンデバイス事業の急激な利益悪化に伴って、新しいスマートフォン用チップ事業に150億ドルもの資金投下を行うらしいです。

1兆5000億以上。。。どこかの島なら買えてしまいそう。

今後5年でgalaxyなどのスマートフォンデバイス事業はiPhoneによって利益縮小が余儀なくされると見られているようです。

そうなった場合、サムソンとしては採算の取れないスマートフォンデバイス事業を縮小しスマートフォンに搭載されるチップやメモリの事業を伸ばすだろうとのこと。

iPhoneに搭載されているA8チップの30%はサムソンが提供し、A9チップについてもすでに提供が決まっているという噂もあるとのこと。

最後に

galaxyは日本でも人気のデバイスですが、いつかNやPなどと同じように、そんな名称のデバイスあったねぇ、と言う日が来るのでしょうか。

以上です。

【ニュース】サムソンはスマートフォンビジネスの逃げ道を探し準備している。


IMG_8079.jpg
台湾で行われた19歳以下の「第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会」でカザフスタンの17歳の選手、『Sabina』さんが可愛いすぎる!と話題に。

なんと、ヤフーニュースにもなっています。
開催地の台湾では、カザフスタン代表選手が「美少女だらけ」と一躍注目の的に。中でも20番をつけるAltynbekova Sabinaが圧倒的な人気だ。身長182センチで足の長さは100センチ以上というモデル顔負けのスタイル、キュートで端正な顔立ちがネット上でも話題沸騰している。

台湾のニュース番組はこぞって彼女を取り上げ、「10頭身美少女」「美しすぎる17歳」と報道。Sabina選手のインスタグラムはもともと、フォロワー数300人あまりだったが、台湾で注目され始めてから一気に6000人を突破。さらに現在は2万人突破というすさまじい勢いだ。
(via 「10頭身美少女」カザフスタンのバレー選手が人気沸騰!ニュース番組でも話題―台湾(Record China) - Y!ニュース)


ちょっと、武井咲さんにも似た端正なお顔。
日本人は好きな顔だろうなぁと言うのはわかるのですが、台湾や中国でも話題になるほどとは、やはり可愛い!素敵だ!と思う女性の顔は、似てるんですかね。


橋本環奈さんの時もたった一枚の写真でスターになるネットの速度と破壊力に驚きましたが、またまた一気に駆け巡るのでしょうか。

以上です。

【ニュース】カザフスタンの17歳バレーボール選手『Sabina』さんが可愛いすぎる!と話題に。


不勉強な事に最近知ったのですが、世界の国々に住む人たちからのレポートで世界の今(ima)を伝えるメディア『ima』のご紹介です。

『ima』は十勝毎日新聞社が運営するウェブマガジンスタイルのメディアです。

世界・日本の最新トレンドをWEBマガジンスタイルで発信するインターネットサイト「ima(International Messages Access)」を2009年4月1日開設しました。
 世界の国々で暮らす人たちとネットワークを結び、そこで生活する人にしか体験できない日々の暮らしや食、文化、風俗など、世界の「今」を伝え合うワールドワイドな情報サイトです。
 世界各地と日本国内のリポートメンバーが記事を投稿。また、海外の日系新聞と記事リンクをしています。これらのネットワークは、今後さらに大きく拡がっていきます。

  私たちは、このサイトを通じて、生活者レベルの国際理解の進展に寄与したいと考えます。
 十勝毎日新聞社が運営する地球規模のWEBサイト「 ima 」。私たちが、世界の海外リポートメンバーと共に創る新しい情報サイトにどうぞご期待ください。
(via about - ima(今)[International Messages Access])


【サイト紹介】世界中の今を発信するゆるめのメディア『ima』


なるほど!と思わずうなってしまいました。

Photoshopや、Pixelmatorなど高度な編集ができる画像編集アプリならば必ずついているスポイト機能。元の写真などに写っている色を元にコピーをして新しい要素にその色を適用する機能です。

これをリアルの世界で再現してしまうペンが開発中とのこと。

何か物を見ながら絵を描くとき、実物に近い色をなかなか再現できない、という経験はあるだろう。例えば、赤色ひとつとってみても、深みのある赤、朱色、ピンクっぽい赤など幅がある。

そうした色の細やかな違いを、実際に物体の色をスキャンして、そのデータをもとに再現するというペン「Scribble」が米国で開発中だ。「再現できる色は1600万色」とうたっている。
(via センサーで読み取った色を再現するペンが開発中、1600万色の組み合わせが可能! | Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト)

確かに言われてみれば、スキャナーで物体をスキャンして、その色をプリンターで印刷すれば、紙上に同じような色を再現する事が出来ます。
これをペンと言うとても小さい物体の中にどうすれば最も効率良く詰め込んで、ペン先から出るインクをどう制御するかをクリアすればできそうです。

もう出来ている事でも形を変えてみると、全く違うイノベーションになると言う良い例だなぁと感心してしまいました。

できるといいな。
200円くらいで。

以上です。


Pixelmator

価格:¥3,000(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:グラフィック&デザイン, 写真

評価:4.5(454件の評価)

App Store


【ガジェット】なるほど!この発想は新しい!実際の物体の色を再現できるペンが開発中!?


IMG_7735.jpg
WWDC2014が6月2日から6月6日(現地時間)で開催されました。
速報やその後の動画などでご覧になった方も多いかと思います。

今年のWWDCは、デベロッパー向けカンファレンスにふさわしく、ハードウェアの発表はありませんでした。一般ユーザーとしては、あれ!?iPhone6は!?iTVは!?と思ってしまいましたが、まぁ、本来そういうカンファレンスではないですものね。。
秋まで待ちですかね。

ハードウェアの発表はなかったものの、また新しい時代になる事を伺わせるソフトウェアの発表がかなりありました。

全てを覚えておくのは大変なので、いつでも思い出せるようにまとめておきます。


簡単まとめ


Mac OS X Yosemite

Macの新しいOSである、OS X Yosemiteが発表されました。

フラットデザイン
iOSで採用されたフラットデザインがMac OSでも採用されることになりました。
Handoff
例えば、iPhoneで書きかけていたメールをMacに戻って書き直すなど、iOSとMacをシームレスに使える機能が搭載されます。
Spotlight
Alfredみたいにボタンショートカットから呼び出し可能で、画面中央に表示されるようになるようです。
iCloud
DropBoxみたいになるようです。
Markup
Skitchのようにキャプチャを撮った画像に文字や矢印を書き込めるようになるようです。
Safari
ツールバーがなくなってウェブページだけの表示に。Javascriptの実行速度が高速化されるようです。
Mail
iCloud経由で大容量のファイル送付が可能に
iOSの動画録画が可能に
iOSデバイスをMacに接続することで操作画面をキャプチャすることも可能になるようです。
通知センター
天気やカレンダーが確認可能に。また自身で表示をカスタマイズすることも可能に。


iOS8

新しいiOSが発表されました。

通知センター
サードパーティが独自のウィジェットを作れるようなり、ウィジェットを通知センターに表示し、直接アプリを操作することも可能になるとのこと。またユーザー自身が通知センターをカスタマイズ可能になりました。
Health
健康・運動系の連携ができるアプリがデフォルトでついてきます。また、開発者向けに健康管理にアクセスできるHealthKitが用意されています。
TouchID
サードパーティのアプリから利用が可能になりました。指紋認証を使って決済など他のアプリからも可能です。
キーボード
デフォルトのキーボードが便利になる他、サードパーティの、キーボード入力が可能になります。
写真
検索、編集が便利になり、iCloud Photo Libraryによる連携を強化するようです。
また、Time-Lapse(タイムラプス、低速度撮影)モードを搭載し、空を雲が流れていくような撮影も可能になっています。
ファミリーシェアリング
家族を6人まで登録でき、写真やアプリ、決済情報などを共有できるようになります。
メッセージ
「Tap to Talk」と言う、音声録音するUIが用意され、メッセージごとに名前を付けたり、グループチャットが簡単にできるようになっています。
また、現在地の共有も簡単にできるようになるようです。
shazam連携
siriにこの曲なに?と聴くと答えてくれるようです。

SDK

iOS8からコントロール可能なSDKが発表されました。

ホームキット
家電のコントロールができるようになり、Siriとの連携もできるようです。
ヘルスキット
モーションアクティビティなどを使って健康管理アプリを作成し、他のアプリや健康診断などの情報とも連携可能になるとのこと。

開発言語

開発言語として、Swiftが発表されました。
Swift
iOSの開発には、Object-Cで書く必要がありましたが、NSなんちゃらとか他の言語で開発した事がある方には、かなりとっつきにくい言語でした。Swiftでは、JavaScriptくらい簡単な記述で書けるようになるようです。個人的には、変数の宣言とかあまり自動でやられると不安にはなるのですが。


最後に

いかがでしょう?概要だけ書くつもりがこんな長文になってしまったので、今回はこのくらいで。

まだまだわからない事だらけですが、これだけでも、また世界が変わる予感がします。どんなアプリが出てどんな世界になるのか楽しみです。


以上です。





【Apple】いまさら聞けないWWDC2014発表内容まとめ


photo credit: Matthias Rhomberg via photopin cc
I Fucking Love Scienceによれば、StoreDotと呼ばれるイスラエルのスタートアップによる新しい充電デバイスは、約30秒でスマートフォンをフル充電でき、バッテリーの充電に革命をもたらす可能性がある、とのこと。

現在は、スマートフォンくらいのデバイスとしてモックアップを作っているが、できるだけ小型化できるよう努力中。

2016年には製品化する目標とのこと。

仕組みとしては、量子ドットを用いることによって、5倍も協力な電気を生成するのだとか。
原文を読んでもなんのことやら良くわかりませんが。

The secret to StoreDot’s technology is quantum dots, which are about 60 times smaller than a single HIV virion. The “dots” are actually peptides that have been altered to have certain properties, like optical or the ability to generate charge when strained. Only two peptides are connected and they have a crystalline structure that aids in their stability and ability to hold a charge, which should last through thousands of charge cycles.

Traditional batteries use an electrolyte to generate electrons, but StoreDot has made a battery that uses a quantum dot nanocrystal solution instead. The resulting battery is about five times more powerful. It could also be used to make a batter equal in power, though considerably smaller.
(via Quantum Dots Can Charge Your Smartphone In 30 Seconds | I Fucking Love Science)

昔は、乾電池なんてものがあってね、なんて時代も遠くはないのかもしれません。

以上です。

【ニュース】未来では約30秒でiPhoneがフル充電できるようになる!?


IMG_7647.jpg

WWDC2014が近づいてきました。6月2日から始まります。
今回は、どうやらライブストリームも行うそうです。

Apple - Apple Events - Special Event June 2014
毎年、WWDC前には、様々な噂が流れそのうちのいくつかはハズレ、いくつかはあたります。

どれがあたって、どれがハズレるのかを考えながら見るのもまた、面白いです。
という事で、僕が目にした噂をまとめておきます。

【Apple】WWDC2014直前、iPhone、iOS、Mac、スマートホームなどの噂まとめ


photo credit: express000 via photopin cc

都営バスに無料Wi-Fiが搭載されたらしいです。

サービス概要

どなたでも無料で、1回180分まで、1日何回でもご利用いただけます。
スマートフォン、タブレット端末、パソコン、Wi-Fi対応携帯電話等でご利用いただけます。
利用登録画面では日本語のほか、英語、中国語、韓国語が選択可能です。
合わせて、株式会社NTTドコモの「docomo Wi-Fi」もご提供しております。サービスの概要はこちらをご覧ください。(株式会社NTTドコモのホームページにリンクします。)
(via バス車内でのWi-Fiサービス利用 | 東京都交通局)

へぇ、便利そうと思ったのですが、移動している車にWi-Fiスポットを置くってどんな仕組みで実現しているの?
と素朴に疑問に思ってしまいました。

Wi-Fiの先はLTE

当たり前と言えば当たり前なのですが、Wi-Fiと聞くと勝手に、LTEよりも高速に通信出来ると思ってしまいました。

バスのWi-Fiに繋いだ場合、バスに取り付けている機器がLTEで通信しているようです。

なので、実質の通信速度の限界はLTE。

 車内アクセスポイントの先のネットワーク(バックホール回線)はNTTドコモのLTE(Xi)網だ。だから、どんなに電波状態が良くてもLTE以上の通信速度は出ない。



 都バスには青梅市周辺の山間部を走る路線があるが、LTE未整備地域を走行するときはWi-Fiは使えない。また都市部でも、イベントなどで人が密集していてLTE網自体が混雑している場所を通る際には通信速度は落ちる。
(via 東京都バス無料Wi-Fiを早速使ってみた: サイバーファームウェア<<リサーチャー半田貞治郎)

LTE契約している人にとっては、通信速度に関して言えば全然メリットないです。

でも、動画などを見る場合、大量に見過ぎて通信制限にかかる回避策にはなるかもしれません。

LTE契約していない海外の人などに向けたサービスなんだとか。

また、iPadなどで通信契約していない場合などには便利かも。

最後に

先日、自動販売機のWi-Fi普及しないなぁ、と書いたばかりですが、バスや飛行機、電車など人が腰を落ち着ける場所ではどんどんWi-Fiサービスが出てきていますね。

【まとめ】時事ネタは時間がたってからのほうが面白い。2011年12月まとめ。
そのうち電車の中もなるのかな?

どこでもWi-Fiになって、途切れないでいてくれると、本当に通信の契約いらなくなるんだけどなぁ。
ないか。

以上です。


【番外】都営バスに無料Wi-Fi。でも、どうやって実現しているの?


photo credit: pennuja via photopin cc

先ほど、特定の日付よりも前のノートだけを検索する方法 をご紹介したのですが、僕は気になった記事は全てEvernoteに溜まるように設定しています。

そこで、2011年12月に僕が勝手にブックマークしていた記事から今読み返してみると面白い記事をまとめてみたいと思います。


2012年はこうなって欲しい : アゴラ


今ではすっかり忘れてしまった感もありますが、2011年は遺伝子組み換え問題が盛んに叫ばれていたようです。
思い出してみれば、この頃からやたらと製品に生産者の顔を印刷したりとか流行りだしたような気もします。

また、SNSがだいぶ普通した年でもあり、SNSの可能性についても書いています。




アサヒ飲料の飲料メーカー初のWi-Fi搭載自動販売機「WiFi DRINK」をチェック @FreemobileTk | ネットワーク | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)


自動販売機はどんどんWi-Fi搭載になるのか!?と勝手に思っていたのですが、なりませんでしたねぇ。
中途半端なWi-Fi搭載マシンがそこらにあるよりも、LTEのほうが早いし便利。

外でWi-Fiに切り替わったり、LTEに切り替わったりするのってすごく鬱陶しいですしね。
企業側もそんなにお金かけていられないし。

そんなこんなで、これ系はまだまだ普及する見込みは立たないのかな?


DeNA、中国の大手 SNS「開心網」と「Mobage」を接続 - インターネットコム


DeNAがまだまだ元気で、事業拡大をどんどんやっていた頃でした。

今や見る影もありませんが。
DeNA、3Q決算も減収減益--年度内60タイトル計画に遅延や中止も - CNET Japan
企業経営って本当に難しいんですね。



60秒で何が起こってる?ー 世界で発生していることを表わしたインフォグラフィック【増田(@maskin)真樹】 : TechWave


2011年版の60秒で何が起こっているかを視覚的に表現したインフォグラフィック。
まだまだえっ!何これ!って物は少ないですが、iPhoneは4sでiPadは単にiPadだった時代です。
PayPalとかなくなっちゃうのかなぁ。



2012年のアップルはどうなる--テレビなど5製品を考える - CNET Japan

Appleを予想するのは本当に難しいのですが、2011年時点での予想です。

面白いです。

iTVは確かにまだ発表されていません。
Mac Proはなくなるどころか真っ黒なゴミ箱になって進化しました。
この頃のイノベーションはSiriでした。
今は指紋認証でしょうか?
全く新しいiPhoneは、もうすぐ発表されるかもしれません。

最後に

実は今回ご紹介したブックマークは、2011年12月27日にブックマークしたものから面白そうなものをピックアップしました。
たくさんあり過ぎて、とても一ヶ月単位でもまとめられない。


過去のある時点では誰でも当たり前に知っていた事も、未来のある時点では全然別な価値がある。

ニュースって面白いです。

以上です。

【まとめ】時事ネタは時間がたってからのほうが面白い。2011年12月まとめ。


あなたに最適なニュースをお届けします。なニュースキュレーションアプリは最近どんどん出てきます。
意外と複雑なロジックが必要なサービスだと思うのですが、こんなにサクサクサービスインできるものなのですね。
ちょっと不思議。

今回ご紹介する『Mynd』は、いわゆるTwitterやFacebookと半強制で連携させてその情報をぶっこぬく代わりにニュースをあげるというサービスではなく、『Mynd』があらかじめ用意したニュースからどの記事が読まれたかで学習していってあなたに最適なニュースにします、というもの。

Mynd (ニュースリーダー) あなたのためのニュースアプリ

価格:無料(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:ニュース

評価:5(6件の評価)

App Store

UIは、もう少し早く読めるような工夫と記事取得のスピードはあげて欲しいものの、他サービスへの記事の連携などニュースアプリに欲しい機能は一通り揃っています。

【iPhone】あなたが選んだニュースから学習するニュースアプリ『Mynd』


IMG_7243.jpg

SPIKEは、決済手段を手数料ゼロ円で提供する、

フリープランは、初期費用 無料、月額 無料、上限決済額 月100万円まで、決済手数料0% + 0円 ずっと無料。

ビジネスプレミアムは、初期費用 無料、月額 3,000円、上限決済額 無し、決済手数料 月1,000万円までは0% + 0円 超過分は2.5%+30円 。

また、フリープランの上限は今後あげていきたいとのこと。

SPIKEの想定ターゲットは、個人事業主やスタートアップ、中小企業など。個人事業主や小規模事業者向けの「フリープラン」は、初期費用、月額費用、決済手数料などが無料で、月間100万円まで決済できる。同社では今後、無料で利用できる月間の決済上限額を引き上げていき、最終的には完全無料での提供を目指すとしている。
(via オンライン決済市場の“フリーミアム化”目指す--手数料無料の「SPIKE」公開 - CNET Japan)

決済というのは、個人でやろうとするとその情報の重要性から堅牢なサーバー環境やセキュリティ対応、システム構築など非常にコストのかかるもの。

それをまるっとやってくれ、しかも無料。

毎月の取り引き額が100万円を超えないならば全て無料。
すごい世の中になってきました。

アイデアと能力と人脈と少しのシステムスキルがあれば、頑張れば好き勝手やっていても生きてはいける。
本当にそんな世の中になってきています。

昔は、老後は海の近くでも住みたいなぁなんて話していたものですが、少しの勇気があれば今すぐにでもやれるような環境になってきました。

言い訳出来なくなってきたなぁ。

以上です。



【番外】決済手数料ゼロ円のSPIKE(スパイク)にみるこれからの生き方について


photo credit: kirainet via photopin cc

CNET Japanによれば、Googleがドローン開発企業のTitan Aerospaceを買収したとのこと。

ドローン開発企業のTitan Aerospaceは、グーグルが同社を買収することを発表した。3月には、Facebookも同社と買収交渉中であると報じられていた。
(via グーグル、ドローン開発企業Titan Aerospaceを買収 - CNET Japan)

最近、ドローン企業が人気ですね。

【番外】Facebookがドローンを所有?でも、ドローンってなに?
Googleマップがリリースされた時にも驚かされましたが、もっとすごい事を起こすのでしょうか。

 Titan Aerospaceが開発しているのは、大気圏内の高度約20kmといった超高高度を長時間飛行する無人航空機(ドローン)だ。開発中の「Solara50」は同社サイトによれば重量159kg、時速104km/h、最大積載量32kg、全長15.5m、最大滞空可能時間5年、最大飛行可能距離450万kmだとしている。電源は、長い翼や機体に張られた太陽電池から給電する。

 発表によれば、この機体は開発段階にあり、デモフライトは行っているが、商業営業開始は2015年としていた。現在これらの情報はWebサイトからはアクセスできなくなっている。
(via 米Googleが超高度無人航空機ベンチャー米Titan Aerospaceを買収 -INTERNET Watch)


以上です。

【ニュース】Googleもドローン企業を買収。