ラベル 絵本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 絵本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示



はじめに


また、シェル・シルヴァスタインさんの本の紹介。

先日ご紹介した、

は、村上春樹さんの訳でしたが、こちらは、倉橋 由美子さんの訳。

1976年発行なので、僕が産まれた年に出されているのですね。

1976年といえば、Appleが設立された年であり、タクシードライバーが上映された年。

日本では、木綿のハンカチーフやなごり雪、東急ハンズ設立などとにかく世界中が元気な年でした。


どんな物語?


僕が読んで感じた内容で書いてみます。

『ぼく』は、欠けている。
欠けているから、面白くない。
だから、僕の欠けている『かけら』を探しにいく。

ぼくは、ころがる。

ぼくは、欠けているからはやくは、ころがれない。
だから、カタツムリとあそんだり、花とはなしたり、蝶々がとまったりしながらころがる。

うたをうたってころがる。

大きすぎる『かけら』
尖った『かけら』
小さい『かけら』
ぴったりだと思ったら手放してしまった『かけら』
ぴったりだと思ったら壊してしまった『かけら』
ぴったりだと思ったら断られてしまった『かけら』


そして、ついに、ほんとうにぴったりの『かけら』に出会う。


『きみは、だれかのかけらかい?』
『わたしは、だれのかけらでもないわ。わたしはわたしのもの。』
『ぼくとぴったりくっついてみないかい?でも、ぴったりくっつけるかわからないのだけれど。』
『ためしてみたら?』


ぼくは、もう欠けていない。 まんまるのぼくになって、くるくるところがっていく。

とてもはやくころがれるようになった。

とてもはやくころがるものだから、カタツムリと遊ぶことも、花とお話しすることもできない。
蝶々もとまれない。

ぽっかりと欠けていた口がふさがってしまったので、うたもうたえない。

それで、ぼくは、『かけら』をそっとおろした。

注意:本文を僕が感じた内容で書いていますので、正確な引用ではありません。


どのように読むか?


本書は、絵本にしては、少々ページ数が多いです。
ただ、1ページに1行程度の文字しかないので、ページをどんどんめくっていくのが楽しいらしく、子どもも一緒にページめくりを楽しんでくれました。

落書きのような、パックマンのような『ぼく』は、欠けた『かけら』を探してころがり続けます。

この物語を自分探しの旅とみるか、夫婦や恋人の物語とみるか、いろんなな見方があると思います。

僕は、最後にそっと『かけら』を手放したシーンでなんとも悲しい気持ちになりました。

何かを手にいれて『まんまるくなる』と言うのは、すべてがオールOKになるのではなく、何かを手放して何かを手にいれることなんじゃないかと、思うのです。

『ぼく』がもともと手にいれていたものを大切に思い、新しい何かを手放してもとに戻るのは、いいのですが、残された『かけら』があまりにも不憫だな、と。

ただ、『かけら』は『かけら』で、何かを手にいれ、何かを手放すことを『ぼく』とは別な視点で決断していたのかもしれません。

だから、不憫だと思う事自体が、思い上がりなのかもしれません。

最後に


シェル・シルヴァスタインさんの本は、絵本の体裁をとりながら、子どもに読み聞かせをしている大人に向けて強烈なメッセージを投げかけてきます。

そして、古いうたがとても良くあう絵本です。

この本を読んでいる間、ずっと、Bob Dylan の「Blowing In The Wind」が流れている気がしました。

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963) - YouTube

何故か、「Like a Rolling Stone」ではなく。

Bob Dylan - "Like a Rolling Stone" - YouTube
時代が変わっても、変わらない古いうたや本と言うのは、ほんとうにいいですね。

以上です。


補足:本文からの引用はこちらで紹介したアプリで行なっています。


【iPhone】ついに長年の夢が叶った!iPhoneで本の重要箇所が抜き出せる最強!日本語OCR『Snap2PDF』

Snap2PDF - スキャンドキュメント&シェア・サーチャブルPDF(Version 3.1.3)

価格:¥250(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:ビジネス

評価: (4.5 / 660件の評価)

App Store



【書評】欠けたピースを探して『ぼくを探しに』


絵本:あえて、絵本ではありますが、書評にさせていただきました。


村上春樹さんの翻訳した絵本


村上春樹さんと言えば、翻訳を通して「ストレッチ」を行い、短編で「体調を整え」、長編を走り切ると言うイメージが僕の中で勝手にあります。

ご自身は、翻訳についてこちらの記事で以下のように語っています。

村上春樹が思う「真に優れた物語」~国際交流基金賞受賞スピーチより : ライフハッカー[日本版]



翻訳作業のひとつの役目は、文化というものが特定の地域を超え、特定の時代を超えて、力を発揮しうることを証明することにあります。(中略)物語の目的とは、いまここにある現実とは離れたところにある現実から物事を運んできて、それによって、いまここにある現実を、よりリアルに、より鮮やかに再現することにあります。その原理は、どこの国でも、どの時代でも変わりません。だからこそ、良き物語は翻訳可能であるし、翻訳されるだけの価値があるのです。ぼくはそう信じています。

── 村上春樹さんのスピーチ文章より


村上春樹さんの翻訳した本は、それが読者に受け入れられるかどうかは別にして、本当にご本人が紹介したいと思う本を翻訳されているように思います。

例えば、「夜になると蛙は」などは、あまり万人受けする作品だとは思えませんが、若い頃の僕にとっては、忘れられない作品です。


本書は偶然子どもの絵本を探している最中に見つけた本なのですが、むしろ僕が読んで感動してしまいました。

ストーリー


一部抜粋と要約。

あるところに、いっぽんの木がありました。
その木はひとりの少年のことがだいすきでした。

少年はまいにちその木の下にやってきました。

木と男の子はいつも一緒に遊びました。
はっぱをあつめてかんむりをつくったり、
きのぼりや、えだにぶらさがってあそびました。

そして、木になるりんごを食べたり、かくれんぼだってしました。

くたびれるとこかげで少年はねむりました。

少年はその木がだいすきでした。

だれよりもなによりも木は幸せでした。
けれど、じかんは、ながれます。

少年はだんだんおおきくなっていきます。
木がひとりぼっちになることがおおくなります。

大きくなった少年は、ある日木の下にやってきました。

「僕はおかねが欲しいんだ。」
「ごめんなさい、おかねはないの。」
「わたしにあるのは、はっぱとりんごだけ。
りんごをもっていきなさい、ぼうや。
それをまちで売りなさい。
そのおかねでしあわせにおなりなさい。」

少年は、りんごをすべて売りました。

木は幸せでした。
また、長いじかんがたって、少年はすっかりおじさんになった頃、木の下にやってきました。

「僕は家が欲しいんだ。」
「わたしのえだを折って家を作りなさい。」

少年は木のえだをすべて折って家を作りました。」

木は幸せでした。
また、長いじかんがたって、少年はすっかりおじいさんになった頃、木の下にやってきました。

「僕は旅に出る船が欲しいんだ。」
「わたしの幹を切ってそれで船を作りなさい。」

少年は、木を切って船を作りました。

また、長いじかんがたって、少年は歩くのがつらいほど歳をとった頃、木の下にやってきました。

「もうわたしには、あなたにしてあげられる事が何もないの。」
「僕はもう何もいらない。ただ、腰を休めたいんだ。」
「それならわたしに座りなさい。」

切り株だけになってしまった木に少年は腰かけました。



面白い?


二歳児には、少し物語が長いのと、難しいので、一度ちゃんと読んだあと、絵を指差しながらどんな事が起こっているのか、かいつまんで説明してあげたほうが良いかもしれません。

うちの子は、僕が少し悲しい顔をしていたせいか、悲しい顔して聞いてました。

まるで、母親と子どもの関係のような作品

どうして僕たちは、無償の愛を感じる時、母親を思い出すのでしょう。

父親も頑張っているのですけど。。。


以上です。



【書評】おおきな木



20130501170601.jpg

絵本:あれ?水族館もあるんだ?と思って手に取りました。

よくよく調べたらまじょシリーズの発行年は
1999年:まじょのかんづめ
2000年:まじょのすいぞくかん
2003年:まじょのふるどうぐや
となっているのですね。

まじょのふるどうぐやが一番新しい。

現在、まじょのかんづめ以外は、なかなか手に入りません。

まじょのふるどうぐやは、登場人物がきのこちゃんとイワンくんになっていますが、それ以前は、女の子といぬとなっています。

うちの子は、まじょのふるどうぐやを一番最初に読み聞かせしたので、きのこちゃんとイワンくんを見ると、あっきのこちゃん!イワンくん!と言います。

僕も、もうそうとしか思えない。

なんか、「女の子といぬ」だと違和感があります。

お話しの内容は、舞台や細かなディテールは違いますが、以外と同じです。



まじょシリーズは何故か心に残るので、全部買いたいなぁ。

どこかに売っていないかふらふら調べてみます。

以上です。

【絵本】まじょのすいぞくかん


絵本:重くてはいいろの身体の象なんて嫌だ、僕はちょうになりたい。と泣きながら願った象の話。



僕は子どものころに良く読んだ本という記憶がありません。

周りの人の話で良く聞くのは、ぐりとぐら、や、百万回生きたねこなど。

三十年以上も前の事を懐かしく手に取る姿は、尊敬の念すら抱きます。
ご両親がどれだけの時間と愛情をもって、子どもに絵本を読んであげていたのか。

願わくは、うちの子もいつか懐かしく手に取るような絵本があったらいいな、と思います。

こどもの ぞうが いてね。
「きれいな ちょうに なりたいな。
おもたくて はいいろの
ぞうなんて うんざりだ。」
そういって ぐずぐずと
なきだした。

中略

「おはなばたけに ねころんで
ちょうになりたいぞう
って 5かい となえてごらん。
そうすりゃ きみは ちょうに なれるさ。
だがな、 けっして ないちゃいけない。
なけば まほうが とけてしまって、
ぞうの すがたに もどってしまう。」

中略

ちょうになりたいぞう!

中略

ぱっと めを あけるとね、
ぞうは きれいな ちょうに なって、
おはなばたけの うえを とんでいたんだ。




ちょうど良い短さで、先を急ぐ二歳児でもちゃんと最後まで聴いていられます。

以上です。

【絵本】ちょうになったぞう


20130501154444.jpg

吉祥寺:こちらでも紹介させていただいた佐々木マキさんの絵と絵本が楽しめる見本帳を見に吉祥寺へ行ってきました。



大人100円、未就学児無料で、大人ふたり分の200円で存分に楽しんで来てしまいました。

コピス吉祥寺のA館7階で6月23日(日)まで開催日です。

詳しくはこちら。
佐々木マキ 見本帖 | 武蔵野市立吉祥寺美術館
2013年4月6日(土)-6月23日(日)会期中、前後期展示替えを予定しています。前期:4月6日(土)-5月15日(水)、後期:5月18日(土)-6月23日(日)会期中の休館日:4月24日(水)、5月...


入ると右手にグッズ販売所があって佐々木マキさんの絵本やマグカップなどが売っています。

20130501155902.jpg

村上春樹さんの羊男なんかもいます。

また、絵本が小さな椅子に腰掛けて読めるように置いてあります。

20130501130932.jpg

子供よりも大人が夢中になって読んでしまいました。

はじめて、まじょのかんづめを読んだのですが、まじょのふるどうぐやとは、まるで話が変わっているのですね。

こちらは、まじょのふるどうぐやについての書評。


見終わったら六階のおもちゃ売り場、三階の子どもが遊べるキッズスペースと、ちょっと外でお茶出来るスペースがあって、子ども連れの方にはとてもオススメです。

見本帳は、結構静かな雰囲気ですので、お子様もたまには厳かな雰囲気で、しぃーとかいいながら芸術品に触れてみるのもいいかもしれません。

うちの子も珍しく小さな声でね、とか消え入りそうな声で、あっムッシュムニエルだ!とか、ねむいねむいネズミがいるよ、とかイワンときのこちゃん!とか言ってました。

以上です。

【お出かけ】佐々木マキ見本帳を見に行ってきました。




絵本「どろぼうがないた」のご紹介です。



ストーリー
どろぼうの家は、ふたつの王国が見渡せる場所にあった。
右の窓からは右の王国のお城が、左の窓からは、左の王国のお城が見渡せた。
どろぼうは、この眺めが大好きだった。
まるでふたつの王国の王様になったような気がしたからだ。

どろぼうは泣いた事がなかった。

お金持ちの家に入って金銀を盗んでは、ピューっと風のように逃げていたどろぼうだが、ある時盗みに入ったお屋敷で猫を踏みつけてしまう。

猫の鳴き声で見つかってしまったどろぼうは、手元にあった小さな箱だけを盗んで逃げた。

家に帰って小さな箱を開けてみると、小さな鉢植えだった。

どろぼうは、がっかりした。
「こんなものいらないや」

窓ぎわにほっといておくと次の日に芽が出ていた。
次の日には、芽が伸びていた。

どろぼうは、日の当たる場所に移してあげたり、食事の時には、一緒に水をあげたりした。

芽は、どんどん伸びていった。

どろぼうは、だんだんどろぼうするよりも芽が伸びることのほうが楽しくなっていった。

どろぼうは毎晩盗んだ金銀を元の家に返していった。

大きくなって鉢に入らなくなった葉を裏の庭に埋めた。
ついでに、庭に野菜を植えて育てるようになった。
庭でとれた野菜で暮らすようになった。

野菜がたくさんとれた時には、街に出て街の人に売った。

街の人は大喜びで買ってくれた。
「最近ふたつの国の仲が悪くて野菜がないの。是非明日も売りに来てね。」

どろぼうは花を咲かせた葉の絵を書くために絵の具と筆とキャンバスを買って家に帰った。

その時、大きな音がどーんどーんっと鳴った。
ふたつの国が戦争を始めたのだ。

どろぼうは、家に急いだ。
転んで泥だらけになった。
それでもどろぼうは、家へと急いだ。

家に、つくと小屋は穴だらけになっていた。
野菜はめちゃくちゃになっていた。
花は倒れてぐちゃぐちゃになっていた。

どろぼうは、はじめて泣いた。




僕は、子どもを連れてよく図書館に行きます。
パパが図書館に行くと言うと子どもも急いでアンパンマンのバックを持ってきます。
中にはアンパンマンの絆創膏しか入っていないのですが、お出かけするときにはバックを持つものだと思っているみたいです。

自分の本は、ここで書いたように予約してさっと受け取ってしまうのですが、子どもの本は予約しません。

【図書館】図書館のヘビーユーザーが出来るまで。 | For Content Creator




いつも子ども向けの棚にふたりで行ってどれがいいかな?と言いながら絵本を選びます。

本屋さんや図書館の素晴らしいところは、自分が興味のある本の横にある本に出会えることであると、誰かも言っていました。

本書も、実は僕がこれは?と聞いた本の隣にあったものを子どもがこれがいいと言ったので借りた本なのですが、とても素晴らしい本でした。

子どもだけでなく、大人ももっと絵本を読む習慣があってもいいのかも知れません。


以上です。

【書評】どろぼうがないた

まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)
佐々木 マキ
福音館書店
売り上げランキング: 274,934


佐々木マキさんと言うと、僕はすぐに村上春樹さんの挿絵を思い出してしまいます。

Wikipedia によれば

佐々木 マキ(ささき マキ、1946年10月18日 - )は、『ガロ』出身の漫画家、絵本作家、イラストレーター。神戸市長田区生まれ、京都市在住。京都市立芸術大学中退。本名長谷川俊彦。血液型O型。


との事。

男性なんですね。知らなかった。

本作はここにもあるように、

きのこちゃんと言う女の子と、犬のイワンがいつも遊んでいる森に出かけてみると見知らぬ古道具屋がたっていて、中に入ってみるとどこもかしこもホコリだらけの古道具ばかり。

鏡台からかすかに「キレイにしてくれ」と言う声が聞こえてキレイにしてみると、魔女に古道具に変えられた動物たちが現れる

というお話し。

こどもがこのお話しを理解しているのかは不明ですが、大きな声を出して読んでみると、なんとも怖いお話しです。

最後に魔女が地球の周りを回っているところなど、かなりホラーです。

どうやら、本作はAmazonでも買えないらしく、ハードカバーになっている。 まじょのかんづめならば買えるみたいです。

まじょのかんづめを読んでいないので、まったく同じ内容かわからないのですが、大人も楽しめる絵本ではないでしょうか。

以上です。

【絵本】まじょのふるどうぐや