ラベル libreoffice の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル libreoffice の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示


仕事でiPhoneからlibreofficeで作った資料を閲覧する必要があり、探しましたよ。

OOReader

OOReader(Version 4.0)

価格:無料(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:ユーティリティ

評価: (4 / 11件の評価)

App Store


プレゼンテーションで作ったファイルがちゃんとページごとに表示されます。
図形など使った場合に表示崩れがどうなのかまだ確認出来てないのですが、とりあえず使えそう。

20130423091930.jpg

ただ、表示するのに、ネットワーク通信が発生するようです。
ご注意ください。

僕の環境では、

odp:プレゼンテーション
odt:文書
ods:表計算

は表示できました。

odg:図形
は対象外のようです。

プレゼンテーションは、コピーもできるようです。

20130423100341.jpg


FileApp

FileApp (Documents & Files Reader)(Version 3.2.1)

価格:無料(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:仕事効率化

評価: (3 / 1,013件の評価)

App Store


FileApp Pro(Version 3.2.1)

価格:¥450(最新価格はStoreで確認してください)

カテゴリ:ビジネス

評価: (3.5 / 153件の評価)

App Store


とりあえず、内容は見れますが、プレゼンテーションがテキストベースになります。

20130423093008.jpg

まぁ、これでも内容確認は出来ますが。

ひとまずOoreaderを使いながら、また良いのかあったら報告します。

以上です。

【iPhone】Libreofficeなど無料Officeソフトで作ったファイルを iPhoneで閲覧 できるファイルビューアー

Libreoffice新画面
ダウンロード » LibreOffice : 自由なオープンソースのオフィススイート

今のところ、体感的には大きな違いは感じないものの、根底から見直しをかけたようです。

libreoffice側からアップデートの確認を行っても最新です。となってしまうため、サイトからダウンロードしましょう。

ダウンロード » LibreOffice : 自由なオープンソースのオフィススイート

見た目は立ち上がりの画面の色が変わりました。
また、calcの行番号などが妙にデカイ。
Mac book air 11だからなのか、もっと小さくていいんだけどな。
どっかで変えられないかな。

Libreofficeの文字
あと、起動が早くなったらしいのですが、Mac book airだと今までもさくっと立ち上がっていたので、体感的に速さがわかるほどではないかと思います。

また、basicとか使うとだいぶ変わったのかな。
しばらく使ってみます。

以上です。

【office】libreofficeバージョン4がリリース

メモ的にエントリー。

LibreOfficeでセルに数字入力するbasic(エクセルでいうところのVBA)どうやって書くんだ?が意外と調べるの大変だったので、簡単にメモ
basicのコードをかける画面を立ち上げます。

スクリーンショット 2012 12 27 10 49 48

以下のようにコードを書きます。

スクリーンショット 2012 12 27 10 54
 
 
rem セルA1に「1」を入力する
Sub Main

Dim oDoc As Object
Dim oSheet As Object
Dim oCell As Object

oDoc = ThisComponent
oSheet = oDoc.Sheets(0)
oCell = oSheet.getCellByPosition(0, 0)
ocell.string = 1

End Sub


解説
Dim oDoc As Object
oDocという変数をオブジェクトとして宣言します。
ドキュメント(文章・表計算など)を操作するために使います。

同様にシートや、セルについてもオブジェクト変数を宣言します。
Dim oSheet As Object
Dim oCell As Object
oDoc = ThisComponent
これで現在扱っているドキュメントがoDocに格納されます。
例では、表計算。
oSheet = oDoc.Sheets(0)
これで、sheet1がoSheetに格納されます。
oCell = oSheet.getCellByPosition(0, 0)
これで、セルA1がoCellに格納されます。

注意:エクセルのVBAに慣れている方は、番号の振り方が、1からではなく0からになっていることに注意してください。
ocell.string = 1
これで、セルA1に「1」という数字が挿入されます。

以上。メモ的エントリーでした。

【mac】LibreOfficeでセルに数字を入力する方法